オキナワイキモノラボ(生物多様性おきなわブランド発信事業公式サイト)

english

burger

概要

生物多様性とは、ある場所でみられる多種多様な生き物どうしのつながりを表す言葉です。沖縄県では日本全体のわずか0.6%という面積に、そこでしか見られない生き物をはじめ、多くの生き物たちがさまざまな環境のなかでつながりあって生息しています。このような豊かな生物多様性を将来に渡って残していくために、沖縄県では平成28年度から生物多様性おきなわブランド発信事業を立ち上げました。本事業では、野生動植物の最新の分布情報や生き物とヒトとの関わりについて検証し、今後保全すべき方向性を定めることを目標としています。そしてこれを具体化したものが「生物多様性保全利用指針」(仮称)です。この「指針」は本県における生物多様性の高さを維持するために、保全と利用の両立を図ることを目的としています。

また、当サイトでは、その地域ならではの、生き物の情報やヒトと自然環境との関わり合いが、県民にとっての価値そのものであると考え、「ブランド」と表現しています。地域に残る生き物の利用法などを過去の資料などから見直し、ブランド価値として整理していきます。

利用規約(生物多様性保全利用指針データ)

to_top