アオウミガメ

アオウミガメ
和名
アオウミガメ
学名
Chelonia mydas
分類
カメ目ウミガメ科
大きさ
60cm~120cm
分布
温暖な海域
方言名
ミジガーミー
沖縄県RDB:準絶滅危惧
環境省RL:絶滅危惧Ⅱ類
初夏から夏に産卵期を迎え、卵を産むために沿岸の砂浜やビーチへ上陸する姿を見ることが出来ます。
全国でも個体は確認されていますが、産卵が確認された地域のほとんどは小笠原諸島と薩南諸島以南の琉球列島に多く集中しています。海藻草類を主食としていますが、動物質の食事をとることもあります。

2017年8月更新