ガジュマル

ガジュマル
和名
ガジュマル
分類
バラ目クワ科
大きさ
~20m(高さ)
分布
国内では屋久島・種子島以南の南西諸島。国外では台湾~インド、南はオーストラリアまで。
方言名
ガジマキー、ガツムレー等
非常に生命力の強い木です。
枝や幹から、気根というヒゲのような根を垂らし、周りの植物へ寄生したりしながらテリトリーを拡大し成長します。大木になると、気根を地面まで到達させて太くなり、支柱根という根に変化させて大きくなった枝の自重を支えます。太くなった支柱根は、時としてコンクリートやアスファルトを突き破りながら根を張る事もあります。
その神秘的な見た目から、沖縄では古くから“キジムナーが宿る木”として親しまれています。

2018年9月更新