ヒラマキアマオブネ

ヒラマキアマオブネ
和名
ヒラマキアマオブネ
分類
Cycloneritimorpha目アマオブネガイ科
大きさ
~3cm(殻の大きさ)
分布
国内では奄美大島、沖縄島、宮古島、八重山諸島。国外では台湾、中国南部沿岸、インド・太平洋。
沖縄県RDB:準絶滅危惧
環境省RL:準絶滅危惧
マングローブ林の幹の根元や気根(空気中に露出している根)上に付着しています。マングローブ林があればどこにでもいるというわけではなく、中潮線のあまり乾燥していない場所に生息しています。
限られた条件にしか生息していない特有の種として、生態学的価値の高い貝です。

2019年3月更新

「環境で見る」ページに戻る