ホントウアカヒゲ

ホントウアカヒゲ
和名
ホントウアカヒゲ
分類
スズメ目ツグミ科
大きさ
約14cm
分布
沖縄島北部
国指定天然記念物
国内希少野生動植物種
沖縄県RDB:絶滅危惧ⅠB類
環境省RL:絶滅危惧ⅠB類
常緑広葉樹林に生息しています。
オスは上面の羽が赤褐色で胸部が黒色、メスは上面の羽は淡い赤褐色で胸部は灰色になっているのが特徴です。オスの胸部の黒色が、まるでヒゲが生えているかのように見えることから、アカヒゲという名前がついたといわれています。主に、地上や木の上で採取した小型の昆虫などを食べています。
人のそばに寄ってきたりと好奇心旺盛な一面を見せることもあります。

※注意!
ホントウアカヒゲは国内希少野生動植物種・国指定の天然記念物です。詳しくは種の保存法文化財保護法をご覧ください。
2017年6月更新