フトヘナタリ

フトヘナタリ
和名
フトヘナタリ
分類
吸腔上目キバウミニナ科
大きさ
約4cm(殻の長さ)
分布
国内では宮城県松島湾以南。海外では朝鮮半島、中国~ベトナムにかけての大陸沿岸部。
方言名
チンボーラー(ウミニナやヘナタリ等の巻き貝の総称)
環境省RL:準絶滅危惧
以前は、沖縄の個体と県外の個体に形やサイズの差があるため亜種と考えられていましたが、DNAを調べた結果、同種の変異であることが解析されています。
内湾、マングローブ、干潟などの、泥砂底のある汽水域で見ることが出来ます。

2018年12月更新