イワサキクサゼミ

イワサキクサゼミ
和名
イワサキクサゼミ
学名
Mogannia minuta
分類
カメムシ目セミ科
大きさ
12~18mm
分布
沖縄島、久高島、宮古諸島、八重山諸島。県外では台湾南部。
方言名
サンサナー、サンサン、アササー、ガーウスゥなど(セミの総称)
沖縄島以南に生息する、国内最小のセミです。鳴き始める時期も最も早く、沖縄島では5月のゴールデンウィーク前後にサトウキビ畑の付近でよく聞くことが出来ます。
他のセミが木の枝の部分から樹液を吸うのに対し、本種は葉の部分から樹液を吸うのが特徴で、その名の由来にもなっています。

2018年5月更新