ジャノメナマコ

ジャノメナマコ
和名
ジャノメナマコ
学名
Bohadschia arguss
分類
楯手目クロナマコ科
大きさ
約40cm
分布
奄美以南
方言名
ミーハヤー
体表の模様が蛇の目のようであることが名前の由来となっています。
魚やカニなどに襲われて刺激が与えられると、肛門からキュビエ器管という粘着質な白い糸状の内蔵を出して、魚などの敵にからまることで動きを封じます。
よく似た種でニセジャノメナマコがいますが、ニセジャノメナマコは体表の丸い模様の中間に小さな点がたくさんあることで見分けることができます。

2017年8月更新