キノボリエビ

キノボリエビ
和名
キノボリエビ
分類
十脚目モエビ科
大きさ
~0.6cm
分布
国内では沖縄島、宮古島、伊良部島、石垣島、西表島。
沖縄県RDB:準絶滅危惧
環境省海洋生物RL:準絶滅危惧
他のエビ類は陸上で活動することが出来ませんが、キノボリエビは陸に上がり活動する事ができる、非常に珍しいエビです。
特に夜間になると、陸に上がり活発に活動します。小さい時はオスで、大きくなるとメスへ性転換します。4.4mm以下の個体は全てオスです。

2019年1月更新

「環境で見る」ページに戻る