コアジサシ

コアジサシ
和名
コアジサシ
学名
Sterna albifrons
分類
チドリ目カモメ科
大きさ
約28cm
分布
温帯から亜熱帯にかけて広く分布
沖縄県RDB:絶滅危惧Ⅱ類
環境省RL:絶滅危惧Ⅱ類
沖縄には夏鳥として飛来し、アジサシ類の中では最も早く繁殖を開始します。サンゴ礫(れき)の堆積した海岸や、沿岸の埋立地などの地面にくぼみを作り、2~3個ほど卵を産みます。
県内各地の沿岸開発や観光利用により、繁殖場所が減少していることが懸念されます。

2018年6月更新