クマノミ

クマノミ
和名
クマノミ
学名
Amphiprioninae
分類
スズキ目スズメダイ科
大きさ
約7~8cm
分布
千葉県以南
方言名
イヌビ(クマノミ類の総称)
環境省RL:準絶滅危惧  (※セジロクマノミ)
環境省RL:情報不足  (※トウアカクマノミ)
外敵から身を守るため、イソギンチャク類と共生(一緒に生活し互いに利益を得ること)し群れを作ります。
群れは1匹のメスと多数のオスで構成されています。なんらかの理由でメスがいなくなると、オスが性転換しメスになります。
クマノミ類は、種類によって共生するイソギンチャク類を選びます。
クマノミとシライトイソギンチャク

クマノミとシライトイソギンチャク

クマノミとイボハタゴイソギンチャク

クマノミとイボハタゴイソギンチャク

ハマクマノミとタマイタダキイソギンチャク

ハマクマノミとタマイタダキイソギンチャク

トウアカクマノミとイボハタゴイソギンチャク

トウアカクマノミとイボハタゴイソギンチャク

ハナビラクマノミとシライトイソギンチャク

ハナビラクマノミとシライトイソギンチャク


2017年8月更新