ノグチゲラ

ノグチゲラ
和名
ノグチゲラ
学名
Dendrocopos noguchii
分類
キツツキ目キツツキ科ノグチゲラ属
大きさ
31cm
分布
沖縄島北部
方言名
キータタチャー
国指定特別天然記念物
国内希少野生動植物種
沖縄県RDB:絶滅危惧ⅠA類
環境省RL:絶滅危惧ⅠA類
沖縄島北部の山林にのみ分布する沖縄県の固有種です。
幼鳥時はオスメスどちらも頭頂部が赤味がかっていますが、成鳥になるとメスは黒褐色になります。繁殖期に入ると、とても固く頑丈なクチバシを使い、イタジイなどの広葉樹に穴をあけて巣を作ります。繁殖は毎年同じ相手と行います。
主なエサは昆虫やクモなどですが、木の実なども食べたりします。

※注意!
ノグチゲラは国内希少野生動植物種・国指定特別天然記念物です。詳しくは種の保存法文化財保護法をご覧ください。
2017年6月更新