オキナワギク

オキナワギク
和名
オキナワギク
分類
キク目キク科
大きさ
約15cm(高さ)
分布
県内では沖縄島、薮地島。県外では奄美大島、加計呂麻島、請島、徳之島。
沖縄県RDB:絶滅危惧Ⅱ類
環境省RL:絶滅危惧Ⅱ類
琉球列島の固有種です。
海辺の岩や崖に自生します。1980年頃までは、名護市以北で群生しているのが見られましたが、近年は個体数がめっきり減少しています。
護岸工事や園芸目的の採取などが、個体数減少の要因の一つといわれており懸念されています。

2019年2月更新

「環境で見る」ページに戻る