オキナワマルバネクワガタ

オキナワマルバネクワガタ
和名
オキナワマルバネクワガタ
分類
コウチュウ目クワガタムシ科
大きさ
4~6.5cm
分布
沖縄島北部
方言名
ハサマー(クワガタの総称)
国内希少野生動植物種
沖縄県RDB:絶滅危惧Ⅱ類
環境省RL:絶滅危惧Ⅱ類
幼虫から成虫になるまでの時期を、シイなどの木の腐った部分や古木に空いた樹洞で育ちます。
大型のクワガタムシで、オスの大あごの内歯(ギザギザの突起)は体の大きさによって変化し、大型個体では大あごの先端にのみ内歯があります。
活動期はオス・メス共に盛んに林道などを徘徊するため、車にひかれたり側溝の中に落ちて干からびて死亡することも多く、あわせて生息域であるイタジイの古木がある森林の減少とともに、その数が減少していることが心配されています。

※注意!
オキナワマルバネクワガタは国内希少野生動植物種です。詳しくは種の保存法をご覧ください。
2017年6月更新