オオマツバシバ

オオマツバシバ
和名
オオマツバシバ
分類
イネ目イネ科
大きさ
約30cm
分布
県内では沖縄島、伊平屋島、伊是名島、渡嘉敷島、座間味島、久米島、小浜島。県外では奄美大島、徳之島。
沖縄県RDB:絶滅危惧Ⅱ類
環境省RL:絶滅危惧ⅠB類
琉球列島の固有種です。
栄養の乏しい原野や、背が低く日当たりの良いリュウキュウマツ林の林床などに自生しています。土地開発や、外来種のアメリカハマグルマの侵入により自生地が減少しています。

2019年2月更新

「環境で見る」ページに戻る