リュウキュウヒルギシジミ

リュウキュウヒルギシジミ
和名
リュウキュウヒルギシジミ
分類
マルスダレガイ目シジミ科
大きさ
約13cm
分布
沖縄島、八重山諸島、フィリピン、アンダマン諸島。
沖縄県RDB:情報不足
環境省RL:絶滅危惧Ⅱ類
マングローブ林内の中潮線の砂泥底に生息します。マングローブ生態系の中で見られる二枚貝の中では、最大の種です。
個体が少なく採取・確認事例が稀で、遺伝的特性など未だ不明点も多く、今後の研究が期待されます。

2018年12月更新