リュウキュウシオマネキ

リュウキュウシオマネキ
和名
リュウキュウシオマネキ
分類
十脚目スナガニ科
大きさ
約2.5cm(甲羅の幅)
分布
奄美大島~西部太平洋域に広く分布
沖縄県RDB:準絶滅危惧
環境省海洋生物RL:準絶滅危惧
河川や河口部の干潟や、マングローブの少し泥の混ざった砂の多い環境に生息しています。
近縁のヤエヤマシオマネキと非常によく似ていますが、リュウキュウシオマネキのほうが眼柄(目の付いている棒状の部分)が太く短いことから見分けることが出来ます。

2019年1月更新

「環境で見る」ページに戻る