リュウキュウスガモ

リュウキュウスガモ

リュウキュウスガモの果実

和名
リュウキュウスガモ
分類
オモダカ目トチカガミ科
大きさ
6~15cm
分布
インド洋、太平洋の中~西部熱帯域
方言名
ジャングサ(海藻類の総称)
環境省RL:準絶滅危惧
潮間帯下部の大潮でも干上がらない砂底の、水深の浅い場所に生息しています。県内に生息しているアマモ類の中では、最も多く見ることができます。
アマモ類が繁茂する場所は、ジュゴンやアオウミガメのエサとして、また、稚魚が育つ場所として重要な役割を果たしています。

2018年12月更新