サキシマキノボリトカゲ

サキシマキノボリトカゲ
和名
サキシマキノボリトカゲ
学名
Japalura polygonota ishigakiensis
分類
有鱗目アガマ科
大きさ
16~27cm
分布
宮古島、大神島、池間島、伊良部島、来間島、石垣島、西表島、小浜島
方言名
キーバタリ、ヤマイン、ヤマガラ、トーフダジゥメーなど(八重山・宮古方言)
沖縄県RDB:準絶滅危惧
環境省RL:準絶滅危惧
沖縄島に生息するオキナワキノボリトカゲの亜種です。
性的二型(オスとメスの形態的な違い)が著しく、オスは全長~27cm、メスは~20cmになり、背中にあるノコギリ状のウロコもオスの方がよく発達しています。オスは体の横側に黄白色のスジが一本入ります。メスは暗緑色の地に黒褐色の模様が入ります。

2018年5月更新