サクララン

サクララン
和名
サクララン
学名
Hoya carnosa
分類
リンドウ目ガガイモ科
大きさ
約1~1.5m(つるの長さ)
分布
沖縄、台湾、東南アジア
方言名
カミサシバナ
つる性の植物で、茎は岩や樹木の幹などに密着して生えています。花は球状に多数集まって咲きます。
花の色が桜に似て、葉の形がランに似ていることが和名の由来となりました。方言名のカミサシバナは、琉球王朝時代の男性が髪を結うために用いた簪(かんざし)に形が似ていることから名づけられました。

2018年7月更新