スエヒロガイ

スエヒロガイ
和名
スエヒロガイ
分類
カキ目ハボウキ科
大きさ
約40cm
分布
奄美大島・沖縄本島・フィリピン、インド・太平洋、東アフリカ
方言名
キラブイ、トゥイミナー、タバクイナー
沖縄県RDB:絶滅危惧Ⅱ類
環境省RL:絶滅危惧Ⅱ類
大型の二枚貝で、タイラギの仲間です。海草藻場やその周辺に生息し、海底に突き刺さるような形で潜っています。
地域によっては食用として採取されています。

2017年9月更新