トンガリベニガイ

トンガリベニガイ
和名
トンガリベニガイ
分類
ザルガイ目ニッコウガイ科
大きさ
約5cm(殻の長さ)
分布
奄美大島、沖縄諸島、先島諸島、中国南部沿岸、オーストラリア、インド・太平洋。
沖縄県RDB:準絶滅危惧
環境省RL:絶滅危惧Ⅱ類
貝殻を横向きにした形で、細かい砂地にもぐって生活しています。
特に砂地を好む性質があるため、生息環境は限定的です。藻類や海底に積もった微生物の死骸、排せつ物などをエサとしている為、生態系の中で一次消費者として大きな役割を果たしています。
陸から流出した土の影響で海底の泥質化が進み、個体数が減っていることが懸念されます。

2018年12月更新