ツノメチゴガニ

ツノメチゴガニ
和名
ツノメチゴガニ
分類
エビ目スナガニ科
大きさ
約0.5cm(甲羅の幅)
分布
奄美大島、沖縄島、石垣島、西表島
方言名
ガニ(カニの総称)
眼の先端にツノがあることから”ツノガニ”と呼ばれた

眼の先端にツノがあることから“ツノガニ”と呼ばれた

非常に小さいカニで、泥の混ざった砂場に住んでいます。
体に対してハサミ脚が大きく、干潟の上で両方のハサミ脚を上下させる行動が観察できます。目の上に角のような突起があるのが特徴です。
2017年6月更新