ウラシマミミガイ

ウラシマミミガイ
和名
ウラシマミミガイ
学名
Cassidula mustelina
分類
有肺目オカミミガイ科
大きさ
約2cm
分布
国内では沖縄島のみ。フィリピン・東南アジアに広く分布。
沖縄県RDB:準絶滅危惧
環境省RL:準絶滅危惧
マングローブ林に生息する大型のオカミミガイ類で、幹などに付着しています。
オカミミガイ類は、カタツムリに近い仲間で、多くはマングローブ林や干潟などの陸に近い環境で見られます。

2017年9月更新